Business -事業内容-

  • HOME »
  • Business -事業内容-

業務内容

企業経営の中で安全な環境をどうすれば確立できるでしょうか。企業をとりまく社会環境のリスクに満ちた変化は、 安全への対応策をますます複雑化してゆく様相を深めています。 弊社の警備保障システムは、警備保安管理業務に熟練したガードマンによる完全警備を案施し、あらゆる事故を未然に防止。 ご契約企業の立場に立って、 警備業務を十二分に果たすよう教育された誠実なガードマンによる一貫した警備と、エレクトロニクスの分野で開発され、 実用化された最新の技術の導入で、いかなる些細なミスをも許さない自信の体制を整えています。


常駐警備

百貨店、ビルディング、銀行、工場、商店など、あらゆる施設を昼・夜間ガードマンを常駐させて行なう警備です。盗難や火災などの事故発生防止を目的に、 当社の優秀な警備員がそれぞれの施設の形態に合わせ迅速に対応いたします。

保安警備

デパート、マーケット、ホテル、商店などで、スリ、万引き、置引きなどの窃盗犯に対する警備を行っております。

空港警備

ハイジャク防止業務、手荷物検査業務等を行っております。空港を利用されるお客様の安全な空の旅をお手伝いしております。

消防警備

石油化学、コンビナートなの大型施設や大工場で特殊車を常備し、事故や火災を未然に防ぐ警備です。

交通誘導警備

建設工事現場、幹線道路工事現場、車輌基地等における交通安
全確保のための車輌誘導を含む警備です。周辺を通行される方々の交通誘導や工事車両の入退場整理を行い、現場での事故を防止いたします。

イベント警備

博覧会・展示会・即売会などの催物に対する警備です。安全と秩序の維持を目的に交通誘導や入退場整理を行い、雑踏内での事故を防止し、イベント成功のお手伝いをいたします。

貴重品運搬警備

特殊装備車を使用し、現金、重要書類、有価証券、貴金属など重要件の護送及びその同乗をする警備です。 運搬中の盗難事故の発生を防止いたします。

身辺警備

個人又は団体に対しての身辺護衛を行う警備です。 事前のプランニングから現場での対応に至るまで、危機管理意識の基づいた豊富なキャリアを活かします。

機械警備

エレクトロニクス・通信技術を併用した警備システム(TSGシステム)により、施設及び物件に対する不正や火災、その他の危険を通報し、その予防・防止を行う警備です。TSGシステムについてはこちらをご覧下さい。

機動警備

百貨店、ビルディング、銀行、工場、商店などの施設及び物件を、昼・夜間機動力により、定期的または不定期に巡回して行う警備です。

ビルメンテナンス

ビルの警備、清掃、設備の運転・保守管理など、ビルの安全で
衛生的な環境を提供するための保全業務です。

委託のメリット

1.優秀な人材


弊社の警備保障システムの導入によるメリッ トと大きな特色の一つは、警備保安管理業務に熟達したガードマンによって、あらゆる事故が処理される点にあります。 特に火災、 盗難、その他あらゆる不測事態の発生に即応して、派遣ガードマンより中央統制指令室に緊急通報が発せられると、 直ちに機動部門に配置 されたガードカーの急援によって事故の拡大を防ぎます。 万全を期す弊社の緊急対処力が発揮できる条件は、採用に当って派遺ガードマンの身許を厳重に信用調査し、適正検蓋と性格心理テス トに合格したうえ、3ヵ月間にわたる警備技術の訓練を終了した者であり、どのような事故も安全、迅速に処理ができる点にあります。

2.安心のシステム


さらに安全を追求し、社会を繁栄へと導く警 備システムとして、弊社は警備保安業務の未来を指向するTSG システムを採用。 かすかな気配を異常としてとらえる最新鋭警報器類から構成されるこの弊社 独自の機械警備 システムは、あらゆる非常事態に 強力な威力 を発揮します。 停電の場合にも内部充 電池によって作動し、電源、アンテナ線、リモートスイッチ線の切断に対しても警報を発し、不法侵入、火災など綱大もらさず事故発生の感知と同時に自動的に通報します。また、今後は、CATV(ケーブル テレ ビ)によるテレビ端末を利用したホ一ムセキュリティシステムの充実や、 通信衛星によるセキュリティ システムの導入にも積極的に取り組み、時代の変化への対応を常に考えております。

3.他社警備と比べてこれだけ有利


▼豊富な人材が確保でき、しかも体力的にもすぐれた「プロ」 のガードマンが警備ににあたります。

▼東亜ガードマンは、 いずれも刑法 ・民法 ・逮捕術に幅広い専門知識を有しています。

▼企業対企業の契約制ですから、 自社警備のような昇給 ・賞与 ・退職問題がありません。

▼万一警備中に事故が発生した際には、 契約により補償制度の適用が受けられます。

▼強い責任感と機敏な動作で任務を遂行します。 定年退職者の起用が多い自社警備と比べた場合の厳しさの違いは 「プロ」ならではのものです。

▼年齢、体力的にも限界のある夜間警備の場合、 動哨・巡回警備を定期的に行うほか、 統制司令室からも不定時にパトロールカーによる巡回、巡察するシステム体制を確立しております。

▼統制司令室には常時複数のガードマンが待機しているので、万一の事故発生時もその被害を僅少に止めることができます。

4.万一、事故が発生した時の保証制度


警備会社の任務は、警備の安全を保証することでありますが、 万が一にもご契約先に損失・損害をおかけする事態が生じたときには、 関係官公署、本社統制指令室に報告された応急処置後原因を究明し、ガードマンの過失を認められた際には、契約に基づきその損害を補償いたします。

▼人身事故(1事故1名につき)・・・2億円以内
▼人身事故(1事故につき) ・・・・10億円以内
▼財物事故(1事故につき) ・・・・10億円以内
▼現金・貴重品(1品につき) ・・・・3000万円以内
▼現金・貴重品(1事故につき) ・・3000万円以内

現金輸送事故の際には「特別保険」が適用されます。

TSGシステム

目的・特性・場所に応じたTSGシステムの主要警報機器

top_tsgsys
弊社が採用している警報機器類は、 その目的・特性・場所等の条件に応じて様々なタイプがあります。
マグネット・ショック・シャッター・熱線・赤外線・金庫各防犯センサー・温度・煙・ガス漏れ各防災センサー ・ 送信機・回路表示器・制御器等によって、温度・乾燥度・湿度・振動・光・音・煙・断線などに与える微妙な変化を的確にキャッチし、正確な情報処理によってお客さまの財産をお守りいたします。
突発的な事故や強盗などに直面した場合、とっさに電話をしたり、大声を発することは非常に危険を伴うものです。
TSGシステムは、異常をキャッチした警報機から信号を受けると直ちに自動ダイヤル回路が作動し、弊社の中央統制指令室に事故の発生の場所はもちろん、その状況も通報されます。
指令室から指示を受けたパトロールカーが現場に急行し、犯罪や災害に対して未然防止と適切な処置を行います。


選択のポイント

警備会社の選択基準とはどのようなものであるか、弊社では以下のように考えます。


▼各々の企業やご家庭に適した警備ができるか。
▼警備についていろいろなご要望に応じられるか。
▼補償能力を確実に持っているか。
▼ご契約先が適切と考え得る料金で最良の警備を行えるか。
▼責任範囲を明確にできるか。

以上のようなポイントでお選びになることを お勧めします。

具体的には下記のような時にご相談ください。


▼店舗、ビル、事務所、工事現場、資材置場、倉庫等で火災や盗難の恐れがあるとき。
▼品物が紛失したり盗まれている傾向があるとき。
▼遠近によらず、現金や高価な品を選ぶとき。
▼住宅地や商店等で盗難が多く、不安なとき。
▼年末年始やお盆、その他社員旅行等のため、留守番がいないとき。
▼展示会、見本市、招待会、公共事業等で、人や車の誘導、商品管理が必要なとき。
▼現在の保安に不安・不備を感じるとともに、経費的に合理化を図りたいとき。
▼現在の警備をより強化したいとき。
▼社内の秩序や風紀、規則が乱れて芳しくないとき。

PAGETOP
Copyright © 東亜警備保障株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.